- CATEGORY - カテゴリー

〒152-0004 東京都目黒区中町1-25-20
ジェオグラフィカビル

お問い合わせ
shop@geographica.jp

TEL:03-5773-1145 / FAX:03-5773-1146

午前11時〜午後8時 定休日なし(年末年始を除く)

GEOGRAPHICAホームページへ

ダイニングテーブル特集

一日の中でも使う機会の多いダイニングセット。お食事やお茶の時間が楽しくなるアンティークのダイニングセットと共に、素敵な一日を過ごしませんか。

DINING TABLE VARIATION
DRAW-LEAF TABLE(ドローリーフテーブル)

アンティークのダイニングテーブルの中でも最もポピュラーなものの一つがドローリーフテーブルです。ドローリーフテーブルは伸張式のテーブルで、その構造は至ってシンプル。主天板の下に左右二枚の天板が仕込まれ、引き出すことによって天板のサイズが変わります。二枚のリーフと呼ばれる天板は滑りが良いので女性お一人でも広げることができ、手軽で便利です。その原型は16世紀後半に登場し、17世紀中頃まではよく作られましたが、その後は伸張式の構造が色々な家具に応用されるばかりでドローリーフテーブル自体はあまり作られなくなりました。しかし1900年代に入り折衷様式の流行と共にリバイバルし、当時の住宅環境に合うようサイズダウンされたものが作られ、今日に至るまで根強い人気を博しています。

生活スタイルに合わせリーフを出し入れすれば、1台で3通りの大きさに変化します。


EXTENSION TABLE(エクステンションテーブル)

伸張式のテーブルにはエクステンションテーブルも。真中に天板を差し込むことで、より広くお使い頂けます。

Before→After

定番のエクステンションテーブルは、幕板のお腹のあたりにある穴に取手付きのレバーを入れクルクル回すと、中央から別れて左右にテーブルが広がっていきます。そこに付属の天板を差し込み設置します。脚ごと広がっていくのでキャスター付きなんですね。

Before→After

こちらはポップアップテーブルといい、天板を開けると中天板が折り込んで仕込まれているのが分かります。複雑そうに見えて操作は至極単純。女性一人でも簡単に広げることができます。


REFECTORY TABLE(リフェクトリーテーブル)

長方形の大きいダイニングテーブルのことをいいます。リフェクトリーという言葉の意味は大学などの食堂を指し、大人数で食事を取る大きなテーブルを総称してリフェクトリーテーブルと呼ぶようになりました。16世紀中頃に登場し17世紀を通して作られましたが、18世紀に入り家具の装飾方法や食事習慣、住宅環境が変化したこともあり、殆ど作られることは無くなりました。しかしながら1900年代に入り折衷様式と共にリバイバルし、当時の住宅環境に合うようサイズダウンされた物が作られました。


STYLE
アンティークのダイニングテーブルは脚部のデザインにバリエーションがあり、また材質によっても雰囲気が異なります。

バーリーシュガーツイスト
17世紀中頃から流行した装飾で、捻った砂糖菓子が原型と言われています。オランダオリジンのデザインで、フランスやオランダに亡命していたチャールズ2世の王制復古と共にイギリスにもたらされました。


ブルボース/ブルバス
球根状の、膨らんだ、という意味で、16世紀中頃よりベッドや天蓋付きのベッドの柱の一部などに使われました。アカンサスリーフやガドルーニングの彫刻が彫られたものもあり、俗称でカップアンドカバーやメロンカップ、メロンレッグなどとも呼ばれています。


カブリオールレッグ
日本でもお馴染みの猫足のことです。語源的にはフランスの舞台用語で飛び跳ねるという意味で、さらに遡るとイタリア語のCapriolaとなり、山羊が飛び跳ねることを意味します。英国には17世紀にもたらされ、クイーンアン様式を代表するデザインの一つとなりました。その後ジョージアン期を通してもよく用いられ、現在に至っても大変ポピュラーなデザインとなっています。


クロウアンドボールフィート
18世紀中頃より興る第二次東洋趣味の影響により家具の脚部に取り入れられたモチーフです。鳥の脚のように見えますが、龍が知恵の玉(パールオブウィズダム)を握っている様子です。



COODINATE

バーリーシュガーツイストレッグのオーク材のドローリーフテーブルには同じくツイストバックのオークチェアーを。合わせたチェアーはハイバックでテーブルの天板の高さとのバランスが良く、重厚感が感じられます。


同じくドローリーフテーブルですが、クイーンアンスタイルの軽やかで柔らかい印象のテーブルにはクイーンアンチェアーを合わせました。シンプルな分マホガニー材の杢目がアクセントになっていて、飽きが来ず長くお楽しみ頂けます。


シンプルなブルボースレッグのドローリーフテーブルとオークチェアーのセット。華美な装飾は無く現代的なお部屋ともマッチしやすいデザインです。2本脚のドローリーフテーブルは椅子の収まりが良く、スペースを無駄にしたくない方にオススメです。


エクステンションテーブル

704-T-0149

Size:
W:1,410+1,000 /D:1,210 /H:750
Note:
マホガニー 1930年代
SOLD OUT

オークチェアー(ミディアムバック)

603-G-0366

Size:
W:490 /D:480 /H:870 /SH:450
Note:
オーク 1930年代
SALE @ ¥40,824 x4

リフェクトリーテーブル

605-I-0126

Size:
W:1,520 /D:760 /H:740
Note:
オーク 1960年代
SALE ¥174,960

その他チェアー

701-Q-0177

Size:
W:580 /D:510 /H:960 /SH:490
Note:
マホガニー 1930年代
SALE @ ¥63,180 x4

ドローリーフテーブル(2本脚)

611-O-0091

Size:
W:1,370+760 /D:810 /H:760
Note:
オーク 1930年代
SOLD OUT

クイーンアンチェアー

701-Q-0168

Size:
W:520 /D:520 /H:1,000 /SH:460
Note:
マホガニー 1930年代
SALE @ ¥53,460 x4

エクステンションテーブル

604-H-0134

Size:
W:1,380 /D:610+340 /H:770
Note:
オーク 1930年代
SALE ¥233,280

オークチェアー(ハイバック)

702-R-0038

Size:
W:470 /D:450 /H:1,070 /SH:460
Note:
オーク 1930年代
SOLD OUT